CIFTの"知の巨人"鈴木による株式用語の「優しい」解説。

第一回 株主総会

第一回 株主総会(2005年09月23日)

 今日から株式用語解説ということで、株式投資をするときに見るであろう株式用語を簡単に、日替わりで説明していきたいなと思います。できるだけ毎日更新できたらと…。

 つーわけで、まず第一回目のテーマは「株主総会」。まあ投資するにあたって株主総会を知らんからといって困るわけではないんだけど、株主となる以上、よく分からんではすまされないかなと。

 まず、株主総会は1単元以上の株式を有する株主によって構成される企業の意思決定機関です。決算期毎に、定時に開かれる定時株主総会と、合併など重大な決定事項のの発生に伴い臨時に開かれる臨時株主総会があります。6月終わりになると3月決算の会社の株主総会のラッシュの模様がニュースでもよく目にしますね。

 あと株主総会といえば、一昔前は総会屋と呼ばれる人たちがいて株主総会を混乱させていたんですが、今は総会屋もいなくなり、積極的に株主が質問し、積極的に株主の質問に答えるなど開かれた株主総会になってきています。ニッポン放送の株主総会が今年3時間を越えるなんてのはそのいい例なんじゃないでしょうか。

 株主総会に出席すると粗品をもらえる企業もあり、株主なら出席しない手はないなと思うわけです。

 株主総会についてはこんな感じで。

 ではまた次回!!

すずき 

第二回 株式ミニ投資
第三回 日経平均
第四回 TOPIX
第五回 証券会社
第六回 会社四季報
第七回 IR
第八回 貸借対照表
第九回 損益計算書
第十回 キャッシュフロー計算書
第十一回 PER
第十二回 ROE
第十三回 PBR
番外編 その@
   

SPECIAL TOPへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO